~7か月前の4月後半のリオナ鯖~
当時は鯖ギラン鯖とハーディン鯖が統合して1ヶ月ほどが経ち、
統合後のお祭り状態がやや落ち着き始めていました。
統合により血盟間の移籍等が活性化し、リオナ鯖はいい雰囲気だったと記憶しています。
Aspは4/21に元ハーディン鯖TOP血盟のpuzzleさんと要塞戦で初激突!
いい事前準備ができた事もあり接戦の末勝利でき、Asp内はとても盛り上がっていました。
キャラクター鯖移住も発表されていたので、他鯖から移住者や血盟ごと移住が来ても面白くなる予感。
puzzle盟主のたこさんとも、次戦の約束がてら、血盟戦闘力6,000万台の血盟が増えてくれれば横並びでめちゃくちゃ楽しそうですね!と個チャしておりました。(当時のAspとpuzzleが共にCP6000万台 一人平均120万強 全鯖10位以内の2血盟でこの水準)

4/27 鯖移住初日 仕事してたので、メンテ後すぐにInしてはいなかったのですが、
Discordの通知が鳴りやまない。気になって仕方がないので確認すると、
Aspメンバー①「ギルガメッシュさんがリオナにきてるんだけど・・・」
Aspメンバー②「リオナ鯖の戦闘力上位ランキングが他鯖だらけ 20位以内にAspだれもいないわろす」
金髪つまようじ「傲慢の塔90階踏破1位は俺だぜうぇ~~~い!!」

会社を出て、車の中でランキングを確認すると、当時の全鯖CPランキング上位50名のうち半数近い人がリオナ鯖にいる・・・
いわゆる神々と言われる方々が、LRTに向けて血盟を作るというのはツイッター等で見ておりましたが、リオナ鯖に移住するという話は全く知らなかったので、まさに寝耳に水でした。
レベルキャップ解放直後だった為、血盟員もレベル上げしながら、いったい何職の全鯖1位がここにきたんだ・・・っていう話題でもちきりでしたね。
特に決闘1位を取るのがすさまじく難易度が上がったと嘆きましたw

いちプレイヤーとして感じる事はおいといて、私は血盟主なのですから今後の方針を打ち出さないといけない。 これまで努力して鯖TOP級の血盟を運営・維持してきましたが、その努力が1日で崩壊した気分でした。なんというか、長年かけて建てた10階建てのビルの真横に50階建てのビルが1日でできたイメージ。
しかもどうやら そのビル(血盟)が2個ある(;・∀・)
うーんww俺のMMOもここまでかwwwって少し思っちゃいました。

しかしギラン鯖末期の冬の時代を引退せずに共に乗り越えてきた仲間もいる。
そしてぶっちゃけた所、鯖移住発表されてから、リオナ鯖に移住するのでAspでやりたい!と問合わせをいただき、OK出してた手前、やるしかないんですよね。。。鯖移住2回できないのでその人を裏切る事になる^^;

で、夜になって打ち出した方針


4.27 血盟方針

長文すいません。要はすぐに勝つのは絶対無理
将来的にはなんとかできるようもっていくから頑張ろうぜ!(遠い目
っという方針ですね。
今見返すとRageEdgeに話すらしていないのに こんな方針を打ち出してた厚かましさに自分でもびっくりしちゃいますね。
早速、4/28からRageEdgeの核メンバーにコンタクトを取りました。
色々は話をしましたが、Aspから出した要望をまとめると。
①Ave系クラン(当時はAve・Arvo・Altair)とedgeが組んじゃうと鯖が終わるので組まないでほしい 組んじゃうなら他血盟にも声かけて他鯖移住する!!
② ①を確約してくれるなら 要塞戦の練習台になります
③ Ave系血盟とはわざわざ敵対はしなくていい Ave側から仕掛けてきたときは協力しましょう
というような提案(圧力)をし、クランに持ち帰って協議 という感じでした。

なぜAvengersじゃなくRageEdgeと協力する道を選んだのか?
理由は一つ
Aspはクラン結成から 「鯖1勢力とは組まない」とクラン方針に掲げている
→MMOにおいて鯖1と鯖2.3番手が組むのは最も鯖がつまらなくなる要因という私見です
昔話ですが、リネレボゲーム開始時 Aspは鯖内10番手くらいの公募の中堅クランで、ギラン鯖には他血盟から頭二つ程リードする血盟が2つありました。当時は人数・課金力含めてまるで勝ち目が無い状態でしたが、中堅血盟間で協力関係を気づき、コツコツ戦力を整え、対人練習を繰り返し、HR要塞実装時の要塞戦で当時の鯖1血盟を打破しました。
その鯖1血盟はその後脅威の速度で衰退していきましたが、一緒に切磋琢磨した2血盟とAspでギラン鯖TOP3血盟(組んだ当時は3・5・10位くらいの中堅血盟だった)となったのはMMOならではの面白さでした。
もちろんTOP3血盟となった後、上位3血盟が組んでたら鯖が死ぬので、旧鯖1血盟の没落と共に協力関係解消とした。なんていう成功体験がありました。


すると4/30~5/3にかけて一部のAveメンバーによる地下研究所エリダンでのFPKが開始されました。
主に中小規模血盟の方に被害が出たと聞いてます。Aspは当初被害は出てなかったのですが、5/3頃に1名被害が出たので、攻撃してくるならこちらもやるしかないね的な話が挙がっている矢先に先方から謝罪があり、大ごとにはなりませんでした。

しかしこれを機に5つくらいのリオナ鯖先住民血盟が鯖移住する事を決断する事の理由の一つになりました。そして彼らの移住により、Aspメンバーも多くのフレンドを失いました。
Aveに対して明確な敵意をAspメンバーが持つ事になった原因でもあります。


鯖移住のリミットが5/13に迫っている中、一つギャンブルをしました。
5/12(土)の要塞戦はRageEdgeとArvoがやる予定という話を耳にしていましたが、5/11の入札状況を見ているとArvoが他の要塞戦へ離脱しました。 入札〆切残り2分で独断でAspで入札し、事前合意の無いRageEdge vs Asp の要塞戦が決まります。
この時edgeは確か39名 Aspは50名(要塞戦戦闘参加は48人)
LRTなど約束事はなく、動員人数と練度でごり押ししてAspが勝利しました。
RageEdge側との関係が悪化する可能性もあるのに踏み切った理由は3つありました。
1.神々と呼ばれる超CP相手でも、戦略で勝機がある事をAspメンバーに認識してもらう
2.RageEdge側にAspが練習相手として価値があると体感してもらう
3.どんな形でも1勝しておけば今後Aspの新規メンバー募集にプラスになる

実際この1戦での勝利は、ここから最もしんどい2ヶ月を耐えるベースになったと思います


第2話 5~6月 激マゾレベリングと防衛協定に続く